Makiブログへようこそ

Makiがフラのこと日々のできごとを

 

徒然に更新していきます。

 

お気軽にお越しくださいませ。

東交流センターまつり

月曜日の午後、月2回のんびりとレッスンしているプアラ二クラスですが 毎年の東交流センターまつりが近づくとギアチェンジ! 今年も3曲踊らせていただきました 今日のレイココは、びっくりするほどリーズナブルだったデンファレを 2本組み合わせて着けてみましたが、ゴージャスでしょ!? 新調したパウと白のパフブラウスは、どんな曲でも踊れる最強アイテムです! カメラを地域の係員らしきおじ様にお預けして、撮っていただきました(感謝!) あいにくの曇り空でしたが、心地よい風にふかれて たくさんのお客様の前で このステージが初舞台のメンバーもがんばりました! さし入れや、おひねりまで頂戴してこの爽やか笑顔! 踊るときに欲しいのが、この笑顔! 何回やっても、これで良いということはなくて 一回一回がこやしです また次のレッスンから新曲がんばりましょうね!

ビンタン島2日目~シンガポールへ

羽田から深夜のフライトで朝到着だったせいか 時差ぼけも無く(インドネシアと日本は2時間) 気持ちよく目覚めることができました 一階のお部屋なのでプールがあるお庭に直接出られ、広いウッドデッキにジャグジーもあり サンダルを洗う水道も付いています お部屋は真ん中に広いリビングがあり 両側にバス付きのお部屋が2つに分かれています (写真を撮り忘れました) 広い芝生のお庭にプルメリア ナウパカやハラの木など ハワイと同じ様な植物を眺めながら朝のお散歩 贅沢な朝食のあとは、リゾートエリア内にあるエレファントパークへ、王子様のお供です インドネシアの民族舞踊、ゾウさんのパフオーマンスを見て そのあとママは王子様をゾウさんに乗せてあげたいと、予約をしていたのですが おお泣きで抵抗し、結局バァバが乗ることに! 結局は大人がいろいろ参加して楽しんで 午後はビンタン島の一般の居住区を廻って 王子様は疲れ果てたのでした 翌日の朝のプールを楽しんだ後、シンガポールへ再入国 名門「スイスホテル ザ スタンフォード」へチェックインの後 シンガポール観光といえば マーライオンから人工と自然の融合「ガーデン バイ ザ ベイ」ですが 暗くなるのを待って、光のショーを楽しみました この空中に浮かぶスカイウオークも もちろん楽しみましたよ! 屋上にプールがあることで有名な「マリーナ ベイ サンズ」 ラスベガスのようでございます(行ったことないけど、、、) シンガポール2日目の朝は世界有数の規模の動物園で オランウータン家族を眺めながらの朝食も! そして3日目の朝、ホテルの窓からの絶景! 最終日は2階建てバスに乗って

初2カ国の旅

妹とその息子家族にくっついて インドネシアのビンタン島とシンガポールへ行ってまいりました 先ずはシンガポールの空港からフェリー乗り場へ直行 2歳9ヶ月のジャンボベイビー連れなので、フェリーも指定席で ドリンクのサービス付きです シンガポールの入国審査に続いてインドネシアの入国審査と 短時間で2カ国移動です ビンタン島リゾートはインドネシアとシンガポールの両国政府の共同で行われ 手付かずの熱帯の森を残しながら、一般の居住区とは切り離し 15棟の趣の違うホテルが点在するリゾート地区で 車の出入りもその都度セキュウリティチェック有りなのです そして絵に描いたようなリゾートです! 妹バァバはどこへいってもバァバのお役目 そろそろ日も暮れる頃 ビーチソファーに寝転んで 幸せそうな家族連れの声を聞きながら なにも考えずボーっとする幸せなひと時 そして夕闇迫る頃 マングローブの林に、蛍が1年中生息するという川をボートで巡るツアーへ 空には満天の星 暗闇の中のマングローブの葉に遊ぶ蛍の光を見たり 近寄って手で捕まえて戯れたり あれは夢だったのかな?って思うような 素敵な時間は私のカメラでは捉えられませんでした そして その川沿いのレストランで夕食に立ち寄りました 一押しのロブスターや貝を選んでお料理してもらいます どれも美味しいんだけど 家でも食べている空芯采のにんにく炒めに、ホッとしたりして、、、 地元のビンタンビールは軽くて スパイシーなお料理に良く合い 食が進んで、、、良いのか悪いのか~、、、 そんなこんなで初日の夜はふけたのです、、、 あんまり長くなるので、今日はこれまでにします 続き

過去の記事は​以下よりご覧ください。

Leinani Maki Hula studio

イーハトーブの真ん中!北上市、花巻市の豊かな自然とともに、心にも身体にも優しいフラを!

〒024-0021 岩手県北上市上野町1-15-15

090-7667-7934

©2015 Leinani Maki Hule Studio