Makiブログへようこそ

Makiがフラのこと日々のできごとを

 

徒然に更新していきます。

 

お気軽にお越しくださいませ。

晴耕雨読ならぬ晴耕雨縫

遂に岩手県も緊急事態宣言の対象になりましたが 皆さん如何お過ごしですか? そんなこと言われる前から 几帳面な岩手県民は自粛してたし 日本一広い県土に少ない県民の数で ソーシャルデイスタンスはバッチリですよね! でもご油断なくね! 他県ナンバーの車の多いこと! いつかはわが身にもと 気を付けて暮らしましょうね 私は晴耕雨読ならぬ 晴耕雨縫(?)が定着 午前中は楽しみにとっておいた テイーリーフのの種まきの筈が 種まき用の床を引っ張り出して 土を入れ さあ~テイーリーフの種を!と思ったら 無い! えーっ無い!! あんなに大事に集めたテイーリーフの種が無いーっ! ガーン!!! あーそう云えば ア~ あれは いつだったか、、、、、 何だこのビニール袋? ゴミじゃん ポイって。。。。。 捨てた、、、 誰が、、、  私です、、、、(涙) あ”~ショック~ 空しく残った種まき床に 何を蒔くのよ。。。。。 岩手県民だからといって皆が几帳面な訳ではなかった、というお話でした~(泣き笑い) 晴耕雨縫の縫はご多分に漏れず マスク作りです 自分用のは買い置きがあったのですが 連れ合いのが1枚もないことに気づき 家の戸棚に眠っていた日本手拭いを使って作ったら なかなか良いのです 得意げにFacebookにアップしたところ 「作ってー」とリクエストがあったり 手拭いが届いたりで お天気の悪い日は せっせとマスク作りです 眠っていた晒しやゴムも 陽の目をみた形ですが 肩こりが半端なく ほどほどにしなくてはと思いながら止められない日々です 5月からレッスン再開できたらと 淡い期待をしていましたが コロナウイル

プロフェッショナル

原野だったところが牧場になり その後 住宅地になっても そこにあった原野のなごりの大木は もう瀕死の状態だったようです いつか倒れてご近所さんに迷惑をかけてはいけないと 今回の伐採作業になりましたが 最後の最後は この大木を狙った場所に倒す 熟練のプロフェッショナル(会社の会長さん)が登場! 凄い仕事をみせてくれました とにかく事故のない様にと 祈りながらの日々でしたが 無事に終了! ドングリの樹は臼を作る職人さんの元へ 松の木は伊手の神社の 蘇民祭で使ってもらえることになって 良かった~! 大きなドングリの樹は 100年近い年輪を刻んでいる様でした 後でゆっくり数えてみようと思っています コロナウイルスで自粛が続く日々 時間はたっぷりと頂いたので 次はどこに何を植えようかな~? 既に友人からアナベルと柏葉紫陽花の苗が届いてるけど 実のなる樹も植えたいな~などと妄想を膨らませながら 後かたずけに追われる日々になりそうです (もちろん フラのレッスンも一人で やってますよ~)

春なのに~♪

春なのに~春なのに~ ため息 またひとつ~♪ 誰の歌だったっけ? 分かる貴方は けっこう妙齢の方ですね? 4月の声を聞きましたが まだレッスン再開できず なるべく自宅に籠っているのは 私だけではないですね 今月も ということは 残念ですが ゴールデンウイーク明けまで すべてのクラスレッスンお休みになってしまいますね。。。 そしてこの大きな楢ノ木(ドングリ)は 私よりも先輩で 私の名前の由来でもある 祖父が開いた牧場の頃から 私たち家族や 近隣を見守っていてくれていましたが 寄る年波に勝てず 弱っているのに見かねて 伐採することになったのです 晴天の一昨日に 記念の写真を撮りました 伐採を決めたことを察したのか 昨秋のドングリの実りは 未だかつて見たことも無い もの凄い数で本当にビックリしました! なんとか子孫を残そうと 樹も必死なのだな~と 可愛そうでしたが 何かあってからでは遅いので、、、、ごめんなさい! 今日はあいにくの冷たい小雨まじりのなか 高所作業車が来て作業をしてくださっています どうぞ事故のないようにと 見守るばかりです

過去の記事は​以下よりご覧ください。

Leinani Maki Hula studio

イーハトーブの真ん中!北上市、花巻市の豊かな自然とともに、心にも身体にも優しいフラを!

〒024-0021 岩手県北上市上野町1-15-15

090-7667-7934

©2015 Leinani Maki Hule Studio