羽黒神宮 三神合祭殿 正式参拝と「雨ニモ負ケズ」奉納の旅 2022.5.31

フラ 雨ニモ負ケズを一緒に踊り続けている


紫波の琢ちゃんからのご縁が繋がって


羽黒山伏最高位の星野先達の導きで


ふわふわと夢の様な体験をしてきました





5月28日(土)


星野先達と琢ちゃんとで 「宙(そら)自然舞(じねんまい)」と命名された


「雨ニモ負ケズ」を踊り継いでいる 東京、新潟、宮城、岩手の仲間と


神奈川からのサポーターが星野先達の営む宿坊、大聖坊に集まりました




前日から入っていたメンバーが 宿坊のお庭で摘ませていただいた植物で


レイココ(髪飾り)をみんなで作りましたよ






コデマリ、スズランの白と葉物のグリーンで清楚に





星野先達を囲んで花巻と北上の教室のメンバーと


ドライバー&サポーターのN子さん



床の間の横の飾り棚には 北上の口内鬼剣舞の奉納を記念するお面があり


なんだか嬉しく誇らしくなりました





50年もの間 羽黒山の山伏をしておられる 星野先達でさえ


この内殿に足を踏み入れるのは数えるほどという


神聖な場での奉納の「雨ニモ負ケズ」






少しの緊張はあるものの 不思議なことに


ただただ 心地よく しあわせな気持ちに包まれました





無事に終え外に出ると素晴らしい空が 祝福してくれていました





羽黒山、月山、湯殿山の出羽三山神社の有り難いお札を


それぞれの名前入りで頂きました





お山を下る途中 月山を背に


達成感に溢れた 良い笑顔のメンバー






宿坊に帰ると 間もなく星野先達の奥さま手作りの精進料理が登場



姫竹とタラの芽の天ぷら、胡麻豆腐、鮭の焼き物、


ウドの胡麻和え、ワラビのお浸し、笹のちまき黒蜜ときな粉添え、右端は孟宗汁



今日の感激で声を詰まらせながら話すのに


それでもご飯はお変わりしたり


ちょっぴりお酒も頂きながら


初対面でも すっかり仲間たちとの


幸せな直会(なおらい)の夜は続くのでした~





明日に続きま~す




Makiブログへようこそ

Makiがフラのこと日々のできごとを

 

徒然に更新していきます。

 

お気軽にお越しくださいませ。

Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square